伝えたいこと

ごあいさつ

岩手県釜石市で生まれ、
東北最北端の青森で和食の道を歩みだしたのは20歳の頃。
そこから30歳の節目で上京し、
和食一筋で20年近く、この道を歩んで参りました。
渋谷区代官山エリアでこのカフェを創業するきっかけになったのは、
「わが子に安心、安全なものを食べさせたい。」
という想いでした。この想いから、無添加でふる里を
感じられるこんだてをご用意して
皆様のお越しをお待ちしております。

OMUSUBI CAFE (おむすび かふぇ)

店主 矢澤正志

当店で使用している食材は、
化学調味料など添加物が
含まれていないもののみ。
それは、わが子と同じように
大切なお客様に、
安全な美味しさを届けたい
という想いからです。
ほっと緊張がほどけるような
優しい味わいで、ご提供します。

お米とおむすび

お米は、岩手県産の特A評価を取得した「銀河のしずく」を使用。
電解水素水で研ぎ、「岩手の南部鉄器の羽釜」で圧力を調整しながら炊いています。
適度な空気と一緒にお米同士を「むすぶ」ように握ります。
また、召し上がるまでの時間を考慮して炊き方を変えているので、
それぞれの場面で美味しくお楽しみいただけます。

優しさと美味しさのお惣菜

当店の自慢は、
おむすびだけではありません。
思わずふる里を思い浮かべるような
優しい味わいのお惣菜も、
合わせてご堪能ください。

ページトップ